記事一覧

神戸をドラムで盛り上げよう計画!

うちの教室で何回か、思い当たる事が
実際にあったのですが。


いつもどおりに
新規さんの体験レッスンをしてみて


その結果
「ああ、この人同業者なんやなあー」と。



...まあ、ね
気持ちは解ります。

自分で運営されてらっしゃる教室(?)の
環境とかサービスの内容であったりとか
少しでも良くしていこうってゆう気持ちと
あと、マーケット調査でしょう


これについては僕も賛同します
僕も今まで、あれこれ色々取り入れて来たし
今でもPDCAのサイクルの繰り返しが日常。


なので、
調査カスタマーとして「来るな!」と言う訳ではなく。



ぶっちゃけ話し
ドラム教室を始めたときに
僕自身も色々、野心的に考えていました

「神戸で一番楽しいドラム教室にすること」
これがドラム教室を設立した当初からの
僕の変わらない目標です。

その為に手段を選ばず、ね。


...で、ね。



最近少し変わりました、この目標。



上記「神戸で」のうち半分くらい

「神戸が」

になっちゃった。



わかりにくい表現でゴメンなさい。

正しくは「神戸のドラム教室が楽しい!」が適切な表現かな。



結論から申し上げて
僕の教室だけがどうのこうのではなく
街全体をひっくるめて
ドラム、ドラマーの活性化に携わりたい

って思うようになったんです。


がっつり大きく言うと
神戸のドラムを盛り上げよう!的なものでしょうか。

...タイトルのまんまですね(笑)


理由?



その方が絶対楽しいから。

以上。



個人教室ひとつなんてたかだか知れてます
可能性、影響力、楽しめるものの範囲...


だからこそ
教室同士の、とかインストラクター同士の
グループとかネットワーク的なものを
作ってみたいんです。


でさ、

先生同士の集まりで
意見交換会とか、研修会やったり
飲み会やったり(笑)

生徒さんも交えて
合同セミナーとか合同発表会やったり
セミナーに有名人呼んだり!


各々セーフティーゾーンがあるだろうけど
個人教室で出来る事の枠を飛び越えて
地域として出来る事をやって
まるごと生徒さんに還元出来れば

多分今までの常識レベルが全体的に
少し覆るんじゃないかな?



でも、、
企画書書くのって
譜面書くのより百倍面倒臭いね(笑)

プロフィール

富樫 誠

Author:富樫 誠


ドラム歴26年目(講師は11年目)

12歳でドラムをはじめ、20歳でプロ転向
専門学校などでも講師を勤める

2015年
音楽を楽しむ事を目標とした教室
「わかぎミュージックサロン」を開業

アルバム

カウンター

ランキング