記事一覧

スピードアップの根性練習

こんにちは、
わかぎミュージック、ドラム講師の富樫です。


ここ最近ドラムの記事で
練習のコツや効率などなど、お手軽系な記事を中心に書いていました

なので、今日は少しだけガッツリした内容でお届けします。


今この記事を読んで頂いている方で
シングル、ダブル、パラディドルなど
とにかく手(または足)のスピードアップをしたい方に
ぜひ試して頂きたい特訓方法があります。


◾️70%30分トレーニング

あなたの最高速の70〜75%のスピードで、30分間
叩き続ける練習です。

1つのフレーズに対して、30分×3本〜5本
1本ごとに小休憩を取りながらやるのがオススメです。

例えば、MAXbpmが200の場合、
150前後のスピードで30分続けます。

練習中は、とにかくスティックの軌道やフォームが
乱れない事にのみ意識を集中させて下さい。

ただ単純に叩き続けるのでも大丈夫ですが
ダイナミクスの変化もつけて、いろんな状況に対応出来るようにしましょう

慣れてくると最初5分とかは凄く楽になりますが、焦りは禁物
テンポアップは、フォーム維持の為ほんの少しずつ行います。


◾️シングルの5ストロークロール

20171207

上記譜面のように、シングルストロークを叩き続けて
4拍目の最後の部分のみを倍速にします。

瞬発的なスピードを鍛えることができます。


慣れてくると同じ要領で、
① 2拍目ウラ
② 各拍ウラ全部

も、同様に、倍速になるスパンを短くしていきます。


テンポ125くらいでこれが安定して出来るようになると
テンポ250の16分音符が1小節くらい叩けるようになりますよ。

ちょっと腕に自信のあるアナタ!
テンポ300、つまりbpm150の32分音符を目標にしてみましょう。

スレイヤーのドラム、
Dave Lombardoさんの世界が見えてくるかも知れませんね(^^)



ブログランキング、現在全国3位です。
更新の励みになりますので
↓ポチッ↓とお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ ドラムへ




プロフィール

富樫 誠

Author:富樫 誠


ドラム歴26年目(講師は11年目)

12歳でドラムをはじめ、20歳でプロ転向
専門学校などでも講師を勤める

2015年
音楽を楽しむ事を目標とした教室
「わかぎミュージックサロン」を開業

アルバム

カウンター

ランキング