記事一覧

一音入魂!...、でもその前に。

スネア、タム、シンバル
構造も材質も、用途も違う楽器ですが

タッチに差をつけていますか?

スティックのヘッドスピード変えたり
ショットの重さ変えたり。
グリップの強さ変えたり。


スネアはスネアの音
タムはタムの音
シンバルはシンバルの音

それぞれ意識して叩かなきゃ
いい音になりませんよ


各楽器が良い音で鳴ってて
それがバランス良く組み合わさって
はじめて「いい音のドラム」になります


ただ叩けばいい、とか
手足バラバラに動くようになったからOK、とか

ドラム、ナメちゃダメです。

もっと大切なこと、あるでしょ。

プロフィール

富樫 誠

Author:富樫 誠


ドラム歴26年目(講師は11年目)

12歳でドラムをはじめ、20歳でプロ転向
専門学校などでも講師を勤める

2015年
音楽を楽しむ事を目標とした教室
「わかぎミュージックサロン」を開業

アルバム

カウンター

ランキング