記事一覧

スネアの音を聴いてみよう

初心者のうちは質より量で構いません

できるだけ沢山の曲の
スネアの音を聴いてみて下さい。

最初は「曲によって音が違うんだな」
っていう所まで認識出来ると良いです。


少し馴れてきたら
その音を口で表現してみましょう

「この曲は、タン」だな、とか
「この曲は、バ」とか。


これは表現の基本です。

口での表現に制限はありません。自由です。
「優しい音」「切ない音」など感情論の付加も有効です


あなたのイメージに正しく、素直に表現して下さい。
それこそが「個性」です。


僕の場合「ア”ーッ」など
スネアではありえない発音で歌う場合もあります


そして次に
出来あがった音のイメージを
どうやって手で表現するか

ここでやっと
グリップやフォーム・モーションが必要になります。

これらは目的ではなく
あくまで手段に過ぎません

楽な姿勢でプレイする事(目的)を含めて、ね。


スネアの音を耳で拾う事に慣れて来たら
バスドラムやハイハットなどの楽器も
同様に挑戦してみて下さい。


アクセント系シンバルで
クラッシュ・チャイナ・スプラッシュ
この違いは初心者でも比較的解りやすいですよ。


また、ギターやベースなど
他の楽器を耳で拾ってみるのも
凄く勉強になるのでオススメです。

プロフィール

富樫 誠

Author:富樫 誠


ドラム歴26年目(講師は11年目)

12歳でドラムをはじめ、20歳でプロ転向
専門学校などでも講師を勤める

2015年
音楽を楽しむ事を目標とした教室
「わかぎミュージックサロン」を開業

アルバム

カウンター

ランキング