記事一覧

2017年10月に決めたこと

自営業を軌道に乗せるために目標達成までの間、以下のものを封印します。ちなみに、目標は内緒です(笑)■プライベート要りません。時間の無駄です。■私服服は教室用のものと、営業用のスーツ寝間着だけにします。■恋人要りません。仕事に没頭している間、寂しい思いをさせるだけです。■テレビ完全にオブジェになっています。テレビ見るだけの時間があるなら、その時間を使って本を読みます。■飲み会、遊び封印します。■趣味、娯楽...

続きを読む

中途半端なネガティブ

今すぐ捨ててしまいましょうそんな物要りません「でも」「だって」「どうせ」未来の結果を今決めてこれからずっと負け組決定ですか?「負け組」?違いますよ。だって、あなたは戦ってすらいないのだから。いわゆる、逃げた人戦って負けた人の事をどうのこうの言えるそんな立場にすら及びません。理想があるならそれがどんな小さなことでも全力で奪いにいきましょう...

続きを読む

挫折

「失うこと」「捨てること」この2つは、全然違う意味なんです。「失う」っていう場合その選択肢は自分で選べません。「捨てる」ということは自分の判断の結果なのです。良い意味でも、悪い意味でも。・諦める・見切りをつけるもし、捨てることに少しでも未練があるなら納得するまで続けるべきです。道が完全に無くなるまで考え続けるべきです。たかだか趣味でも人間関係でも目標でも自信がない、とか時間がない、とかそんな事どう...

続きを読む

ステータス

肩書き、経歴、学歴...なぜそんな不確かな物に固執するのでしょう有名大学を出て大手企業に就職して何か得るもの、ありましたか?どんな経験値を身につけましたか?人生楽しんでいますか?自分のミッションステートメント持ってますか?いくら「肩書き」がしっかりした物であっても仕事や学業に対して情熱や誇り、プライド、希望や明確な目標がないのであればただの社畜、もしくはハッタリ野郎です。表題の「ステータス」って自ら...

続きを読む

謙遜の美学

果たして本当に美学なのでしょうか?例えば「今日の演奏めちゃくちゃ良かったね」と好評を頂いたとしても「いえいえ恐縮です」「いやー、まだまだっすわ」などと。内心嬉しいくせに、ね。確かに日本では謙虚さ=文化みたいになっていると思うのですが上記対応って褒めて頂いた相手を抑えて自分の嬉しい気持ちに蓋をして自分の功績を否定しているって事ですよね?わざわざ、プラスの話しを持ち掛けてくれたのにボコボコに否定する必...

続きを読む

くよくよ

時間と気持ちの無駄です。重大なミスを犯したこと誰かをトラブルに巻き込んでしまったことどんなに凹んでも時間は巻き戻せません。反省は6秒でして下さい。片手でグーの形を作って深呼吸しながら1秒に1本ずつ人差し指から順に伸ばしていくと5秒で手の形はパーになります。6秒。その手をもう一度、強くグーに握りながら「よし!」と、かけ声をしましょう。深く反省する時は両手で11秒以上、反省おわり。原因究明、対策、実行!...

続きを読む

「伝える」ということ

大切な言葉や気持ちを伝えるときはオブラートに包んではいけません茶化してはいけません曖昧な表現や予防線を引くなどしてはいけません責任を持って発言しなさい。音楽だってそうです自分の出す音に責任を持ちなさい。...

続きを読む

禁句

言い訳責任転嫁正当化逃げ情けないと思わないのでしょうか?非があるのなら素直に認めて打開策を立てて実行しましょう。約束を履行・達成出来ないとなれば格好つけずに助けを求めてもいいんです約束を守れなかったこと結果を出せなかったこと確かに恥ずかしいことです、が恥を恥で上塗りしてはいけません恥を知れ...

続きを読む

モチベーション

敵は常に自分の中に在ります。慢心、承認欲求、怒り、嫉妬、後悔...戦うための武器もまた自分に在ります。目標、原則、意思、行動力、知恵...戦いは既に始まっています。さあ、どうしますか?少し猶予をあげるので今一度しっかり考えなさい。...と、よく自分に言い聞かせています怠け者と甘えただけはなかなか治らないですね。。(^^;)...

続きを読む

百点以外、総て零点に等しい

いくら自己評価が高かったとしてもどれだけ周囲が好反応を示したとしても浮かれてはいけません成果が自分一人に拠るものでないなら感謝の気持ちを忘れてはいけませんどんな小さなミスでもきちんと見直し原因を割り出し対策を取って次に備えましょう。どんな小さな成果でも好条件や偶然でもなく確実に得れるようにしましょう自信・プライドに繋がります。百点はキープして初めて意味を成します継続して結果を残す気がなく余韻に浸る...

続きを読む

プロフィール

富樫 誠

Author:富樫 誠


ドラム歴26年目(講師は11年目)

12歳でドラムをはじめ、20歳でプロ転向
専門学校などでも講師を勤める

2015年
音楽を楽しむ事を目標とした教室
「わかぎミュージックサロン」を開業

アルバム

カウンター

ランキング