記事一覧

耳を大切に

スタジオでバンド練習をした後耳鳴りがしたり、小さい音が聴き取りにくくなっていた事はないでしょうか?これらは一時的なもので暫く耳を休めてやるとすぐに回復します。だけど、大音量に慣れすぎると厄介なもので耳はその音量を基準として捉えようとします。つまり、今まで聴いていた音量が小さく感じるのです。小さく感じる音がある→ボリュームを上げる→耳の基準値が上がる→普通だと思っていた音が小さく感じるという負のループ...

続きを読む

百点以外、総て零点に等しい

いくら自己評価が高かったとしてもどれだけ周囲が好反応を示したとしても浮かれてはいけません成果が自分一人に拠るものでないなら感謝の気持ちを忘れてはいけませんどんな小さなミスでもきちんと見直し原因を割り出し対策を取って次に備えましょう。どんな小さな成果でも好条件や偶然でもなく確実に得れるようにしましょう自信・プライドに繋がります。百点はキープして初めて意味を成します継続して結果を残す気がなく余韻に浸る...

続きを読む

「5S」に順番を付けてみた

「5S」という言葉をご存知でしょうか?主に企業などで使われる環境美化を目的とした社内用語です。個人的にも気に入っていて、自宅と教室で取り入れています。今回これに(勝手に)順番をつけてみました。■躾(しつけ)身だしなみを整えること。礼儀作法や立ち振る舞いなどを習慣化する意味合いでも使われる。環境を整えるには、まず自分自身から!■整理必要な物と不要な物を分別、不要なものは処分すること。パソコンのファイルも以...

続きを読む

パラディドルの苦手意識

現にドラムを習っている人でパラディドルが苦手な人は結構多いと思います。ダブルストロークも。これは教育サイドの失態だと思います一般的に、先にシングルストロークやりますよねアクセントつけたり、空振りしたり、チェンジアップしたり。とにかく散々。で、ある程度シングルが伸びてからダブル。その後パラディドル。そりゃ手が動かなくて当然です。シングルストローク Lv.25ダブルストローク Lv.4パラディドル Lv.3みたい...

続きを読む

己を責めて人を責めるな

タイトルは徳川家康公の遺訓より抜粋しました。意図した行動が望むべき結果を伴わなかった場合原因は自分にあります。バンド練習で演奏が纏まらなかったそれは、演奏を纏めるだけの意識・実力がなかっただけです。格好良いからといって難しいフィルをバンバン叩いて他のメンバーを困惑させていませんか?自己中心なドラムプレイではありませんか?ライブで観客が盛り上がらなかった。そうではなく、盛り上げる事が出来なかったので...

続きを読む

最悪の結果を想定しよう

今回は、最も避けたいであろう最悪の結末の例を幾つか挙げてみます借金まみれになる嫁、子供に逃げられる収入のあてが無い孤独死又は上記の連鎖、などなど。どうでしょう?考えたくもないですよね他人事ですか?でもね、これをちゃんと考えておくのと無関心なままで居るのとでは将来大きな差が出ます。どうしようもない最悪の結果を予想する事によって自分の中でルールが生まれます。対策として、ね。例えばETC以外の目的でクレジ...

続きを読む

プロフィール

富樫 誠

Author:富樫 誠
ドラム歴26年目(講師は11年目)
ネガティブで完璧主義、実は単なる臆病者。甘党。

現在は教室に尽力。
楽曲制作、レコーディング、インタラクティブ / カラオケ配信も行う。

音を楽しめない仕事は受けない主義

カテゴリ

アルバム

カウンター