記事一覧

ドラム講師がスティックを離した途端レッスンが充実した実話

ここ最近、レッスン中にベースを弾く機会が増えましたドラム教室なのに僕、ベースです(笑)もとはと言えばバスドラムとベースの音の解説ついでに1フレーズ弾いて試しに一緒に演奏したのがきっかけでした生徒さん曰く内容も理解しやすいらしく何より、楽しんで頂けました。以来、事あるごとにベースだのギターだの弾くようになってしまいました(^^;)。以前、専門学校に勤めていた時にバンド形式の授業はあったんだけどそう言えば、...

続きを読む

ドラム教室に通う勇気がない方へ

「よし!ドラムを習おう!」と決めたもののいざGoogleで検索してみると、沢山出てきすぎてよく分からなかったりいきなり電話で問い合わせするのが億劫になったり費用の問題が心配になったり。結局、何度も同じ所をぐるぐる回っちゃって教室の問い合わせにも至らずに仕方なくYouTubeのレッスン動画で手短にやっちゃってる方けっこう沢山居ると思います。なので、「来てよかった」「レッスン楽しい」って言って頂けるとめちゃくちゃ...

続きを読む

ドラムを習うと個性がなくなる

こんな話しを耳にしたことがあります皆さんはどう思われますか?確かに、教室によってはグリップやフォーム、モーションなどを徹底してやっている所もあるでしょうし楽譜に書かれているフィルは手順を含めて、忠実に叩くように指示している所もあるでしょう。これでは、個性なんてなくなってしまう,,,と思いますか?いえいえ、大丈夫ですよ。全く問題ありません。たかだかフォーム矯正されて決められたフレーズを演奏するくらいで...

続きを読む

プロを志望される皆様へ

昨今、プロ志望の方を受け入れる教室が増えて参りました。ひと昔前に比べて、「 プロミュージシャン 」 という職業が身近なものになったかの様に感じます。実際に、大手音楽スクールの中にはCDや配信デビューをうたっている教室も存在します。でも、現実はそうではありません。プロミュージシャンという職業の世界は依然大変厳しいものであり並大抵の努力と精神力で持続できるものではありません。ほんのちょっとしたことから、そ...

続きを読む

一音入魂!...、でもその前に。

スネア、タム、シンバル構造も材質も、用途も違う楽器ですがタッチに差をつけていますか?スティックのヘッドスピード変えたりショットの重さ変えたり。グリップの強さ変えたり。スネアはスネアの音タムはタムの音シンバルはシンバルの音それぞれ意識して叩かなきゃいい音になりませんよ各楽器が良い音で鳴っててそれがバランス良く組み合わさってはじめて「いい音のドラム」になりますただ叩けばいい、とか手足バラバラに動くよう...

続きを読む

小音量の恩恵

わかぎミュージックサロンではドラムにメッシュヘッドを張ってローボリュームのシンバルを使っています。製品はRemo silent strokeZildjian L80ちょうど電子ドラムとの中間的な存在でしょうか消音効果があるので完全なドラムとは言えません。ただ、電子ドラムみたいにどんな崩れたフォームで演奏しててもパーン!と鳴るって事はありませんが本物のドラムみたく迫力のある音はぜんぜん出ません。嘘っぱちドラムです。ただ、逆に小音...

続きを読む

楽譜の苦手意識を潰しましょう。

「 譜面って読めた方がいいの? 」よくある質問です。即答で 「 はい 」 と答えます。この質問をされる方の殆どが譜面に対して苦手意識を持っています。そりゃそうですよね。時には複雑なフィルインとかも書かれていますしダルセーニョだとか、コーダだとか、あっちこっち飛んだり。要するに、高いハードルなんです。例えばあなたは、英語で書かれた小説や雑誌をスラスラ読めますか?それと似たようなことなんです。では、逆に。Th...

続きを読む

2017年10月に決めたこと

自営業を軌道に乗せるために目標達成までの間、以下のものを封印します。ちなみに、目標は内緒です(笑)■プライベート要りません。時間の無駄です。■私服服は教室用のものと、営業用のスーツ寝間着だけにします。■恋人要りません。仕事に没頭している間、寂しい思いをさせるだけです。■テレビ完全にオブジェになっています。テレビ見るだけの時間があるなら、その時間を使って本を読みます。■飲み会、遊び封印します。■趣味、娯楽...

続きを読む

「 受動的な卒業 」 に終わりを。

当然の話しなのですが音楽の専門学校とか音大って学校が卒業を決めますよね?ある程度の目標を「課題」として、試験にクリアしたり何かを提出したりして。要するに、学校側が出したハードルをクリアする事によって卒業、という形で巣立っていくわけですね。対して、世の音楽教室やスクールというと...基本的に、卒業なんてありません。システム上、入会か退会のみ。なので、自分で線引きしたり、卒業ラインを見つけなくっちゃいつ...

続きを読む

中途半端なネガティブ

今すぐ捨ててしまいましょうそんな物要りません「でも」「だって」「どうせ」未来の結果を今決めてこれからずっと負け組決定ですか?「負け組」?違いますよ。だって、あなたは戦ってすらいないのだから。いわゆる、逃げた人戦って負けた人の事をどうのこうの言えるそんな立場にすら及びません。理想があるならそれがどんな小さなことでも全力で奪いにいきましょう...

続きを読む

レッスンプログラム、はじめました

こんばんは!わかぎミュージックサロン ドラム講師の富樫です。先日より、プログラム制のレッスンを導入しました!プログラムとは...と言いますと。生徒さんそれぞれの目標別に合わせたレッスンの「特集」みたいなものです。例えば「早い曲が叩けるようになりたい!」 とか「複雑なフィルインが叩けるようになりたい」 とか「かっこいい音が出せるようにしたい」とか。または「不安な要素を取り除きたい」とか。「自信を持ちたい」...

続きを読む

潜ってみました。

先日、調査ついでに色んな教室の体験レッスン受けてきました。その結果共通して思った事が沢山あったので、ここに書き出します。■ 不明瞭な初期費用・ 入会金・ 登録事務手数料など・ 年会費・ システム・ツール運用費...など一体、何のお金なのでしょう?半数以上が、「安いレッスン料」をうたっている教室でした。でもそれは、あったとして「レッスンだけ単価」の話し。なんだかんだ、こじつけたりオプション付けたりして、...

続きを読む

挫折

「失うこと」「捨てること」この2つは、全然違う意味なんです。「失う」っていう場合その選択肢は自分で選べません。「捨てる」ということは自分の判断の結果なのです。良い意味でも、悪い意味でも。・諦める・見切りをつけるもし、捨てることに少しでも未練があるなら納得するまで続けるべきです。道が完全に無くなるまで考え続けるべきです。たかだか趣味でも人間関係でも目標でも自信がない、とか時間がない、とかそんな事どう...

続きを読む

チューニング高速化

スネアとかタムのチューニングをする時今までは、チューニングキー2つを両手に持ってやっていました。でね、先日たまたま、教室の備品箱で大量のチューニングキーを見つけたので試しにボルト全部に差してみたんです。いや、ね。予想をはるかに超える効果でした!もうホント楽チン!片面10分ちょっとかけていたチューニングが5分で充分に出来るようになりました!以前に比べてピッチも整いやすいし!これだけ沢山キーを差してたらカ...

続きを読む

ドラムのイメージトレーニング

ドラム上達にイメトレが効果的ってわりとよく聞く話しですがただただぼんやり想像しているだけでは結果には期待できません。大切なことはより具体的に、より細部までイメージすることどんな体の動きをしているのか楽器を叩いている時の感触はどうかどんな音が出ているのか周りの音はどうなのかイメージが具現化されればされるほど効果は大きくなります。とは言っても最初のうちはなかなかイメージしづらいと思いますのでまずはシン...

続きを読む

ステータス

肩書き、経歴、学歴...なぜそんな不確かな物に固執するのでしょう有名大学を出て大手企業に就職して何か得るもの、ありましたか?どんな経験値を身につけましたか?人生楽しんでいますか?自分のミッションステートメント持ってますか?いくら「肩書き」がしっかりした物であっても仕事や学業に対して情熱や誇り、プライド、希望や明確な目標がないのであればただの社畜、もしくはハッタリ野郎です。表題の「ステータス」って自ら...

続きを読む

謙遜の美学

果たして本当に美学なのでしょうか?例えば「今日の演奏めちゃくちゃ良かったね」と好評を頂いたとしても「いえいえ恐縮です」「いやー、まだまだっすわ」などと。内心嬉しいくせに、ね。確かに日本では謙虚さ=文化みたいになっていると思うのですが上記対応って褒めて頂いた相手を抑えて自分の嬉しい気持ちに蓋をして自分の功績を否定しているって事ですよね?わざわざ、プラスの話しを持ち掛けてくれたのにボコボコに否定する必...

続きを読む

くよくよ

時間と気持ちの無駄です。重大なミスを犯したこと誰かをトラブルに巻き込んでしまったことどんなに凹んでも時間は巻き戻せません。反省は6秒でして下さい。片手でグーの形を作って深呼吸しながら1秒に1本ずつ人差し指から順に伸ばしていくと5秒で手の形はパーになります。6秒。その手をもう一度、強くグーに握りながら「よし!」と、かけ声をしましょう。深く反省する時は両手で11秒以上、反省おわり。原因究明、対策、実行!...

続きを読む

ドラム教室にもっと音楽を

日本におけるドラムスクールの多くは良くも悪くもドラムに特化しています当然ですよねだってドラム教室なのですからビートのパターンやスティッキング、ルーディメンツ手と足のコンビネーションフォーム、グリップ、姿勢または課題曲、フィルインの作り方講師の特性やスキルはあるもののだいたいどこの教室でもレッスン内容はこの辺りでしょう僕も中学生の時にドラムを始めて以来様々な教室やスクールで習いました。「ドラム」を。...

続きを読む

スネアの音を聴いてみよう

初心者のうちは質より量で構いませんできるだけ沢山の曲のスネアの音を聴いてみて下さい。最初は「曲によって音が違うんだな」っていう所まで認識出来ると良いです。少し馴れてきたらその音を口で表現してみましょう「この曲は、タン」だな、とか「この曲は、バ」とか。これは表現の基本です。口での表現に制限はありません。自由です。「優しい音」「切ない音」など感情論の付加も有効ですあなたのイメージに正しく、素直に表現し...

続きを読む

プロフィール

富樫 誠

Author:富樫 誠


ドラム歴26年目(講師は11年目)

12歳でドラムをはじめ、20歳でプロ転向
専門学校などでも講師を勤める

2015年
音楽を楽しむ事を目標とした教室
「わかぎミュージックサロン」を開業

アルバム

カウンター

ランキング